女性の身体は生理中以外の時もカレンダー通りに動いています。
いつも赤ちゃんを育てる最善の環境を作り出すように準備し努力しています。
どんなに赤ちゃんを産む予定が無くてもそういう身体の作りであるという事を踏まえて生活をする事が大切です。

私はもともと生理痛がひどい方ではないのですが、たまに痛みがとてもひどい時があります。
なるべくその苦痛が毎月やってくるとしても、穏やかに安定するように二つの事を気を付けています。

一つは生理中はもちろん、生理前の1週間もしっかり睡眠をとるという事です。
生理の準備をするだけでも身体には大きな負担がかかっています。
もちろん病気でないので、予定をキャンセルしたりする必要はないと思われますがいつもより30分早く寝るだけでも生理が来たときの痛みが違います。
さらに、感情的にも安定するので生理前のイライラで他の人を気づ付けたり自分が恥ずかしい思いをする事が断然少なくなります。

二つ目は、日ごろから暖かい飲み物や食べ物で身体を温める事です。
少し冷えたかな?と思ったら要注意です。
たとえそれが真夏でも自分の身体が冷えていないかいつも気遣いましょう。

基本ではありますが、いつも自分の身体をケアする事が大切だと思います。

http://www.hyogo-tokutabi.jp/