今から一年半ほど前に手首にヘルペスが出来ました。

私には呼吸器に持病がありその当時は調子を崩していて精神的にも辛い日々を送っていました。

手首に直径3ミリくらいの水膨れが10個ほどできました。

その時は手首にヘルペスが出来るなんて思ってもいなかったため何かはわかりませんでした。

症状としては水膨れがやぶれるとジンジンとした痛みがありました、何かわからないままそのうち治るだろうと思っていましたし、平日は仕事で病院へもいけませんでしたが持病の事もあったため、インターネットで水膨れに関して調べてみました。

ネットの検索では帯状疱疹が一番考えられる病名でしたが、帯状疱疹は水膨れの直径がもっと大きいのが特徴だったのでもう少し深く検索してみたところ自己免疫疾患という病気が引っ掛かりました、免疫が暴走してしまい体中に疱疹ができてしまい、ひどい時には命にかかわるというものでした。

持病の事もあったので少し怖くなりました、翌日病院に間に合う時間に仕事を切り上げ皮膚科へ行くことにしました。

皮膚科の先生は見るなりこれはヘルペスです、といいました。

ただ、通常は口にできるのが一般的で手首にできるのは珍しいと言っていました。

持病の事を話すと、病気の悪化で免疫力が落ちていたために手首にヘルペスができてしまったようです。

皮膚科へ行った時には水泡は全部つぶれていて治りかけているところでした。

念のために軟膏薬を処方してもらいました。

とりあえず自己免疫疾患でなくてよかったとほっとしました。

その後、薬を塗ってその上からガーゼで保護する処置で2週間ほどでよくなりました。

しかし、手首にはヘルペスの跡が残ってしまい結構目立ちます。

ヘルペスが口以外にも出来る事、知りませんでした。
トリキュラー錠28激安